« 朝井がふんばって大逆転勝利 | トップページ | それはないよ、雨天中止 »

一場が二軍落ち

 まぁ予想通りというかなんというか、一場が2軍に落ちましたね。この2試合の内容では当然で、自分が頑張るしかないんでしょう。どうすれば一流として活躍できるのか、考えてもらわないと。なんか、寺原隼人とかぶります。寺原も高校時代大活躍して、鳴り物入りでプロに入りました。が、なかなか活躍できませんでした。一場も大学で活躍して、この状態。

 寺原も、早いストレートだけではプロでやれなかったということです。ダイエー時代、苦しんで苦しんで、今は横浜で活躍しています。何が変わったかというと、ピッチングの組み立て方が変わったのだと思います。ひたすら押して自滅するというパターンではなくなった。一場もこれを見習って欲しい。そりゃ2軍では普通に投げても打たれないかもしれません。150オーバーのストレートもありますからね。でも、1軍は違います。どんなに速い球を投げても、打たれます。でも、ピッチングの内容がしっかりしていれば、そんなに速くない球でも打たれません。
 あまり気づかれていないみたいなのですが、上原って145程度しか出ていないんですよね、全盛期でも。それでも巨人の大エースとして君臨しました。これはピッチング内容の問題です。力のあるストレート、絶対に打たれない変化球などというものは、1軍レベルでは滅多にありません。藤川球児のストレートと、昔の佐々木のフォークぐらいでしょう。どんな球でも、来るとわかっていれば打たれます。だからこそ組み立てが、コントロールが悪いならそれなりの配球が必要なんです。

 今は違いますが、ヤクルト全盛時代の石井一久が大勝ちできたのも、古田のリードがあったからこそです。あれだけコントロールが悪いピッチャーを操る古田はすごかった。一場も自分の意識改革と、嶋とのしっかりとした打ち合わせが必要なのでしょう。もちろん、嶋のレベルアップも。まぁでも、一場自身のレベルが上がってからの話かもしれませんが。はい上がってこいよ、一場!

|

« 朝井がふんばって大逆転勝利 | トップページ | それはないよ、雨天中止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153588/20850998

この記事へのトラックバック一覧です: 一場が二軍落ち:

« 朝井がふんばって大逆転勝利 | トップページ | それはないよ、雨天中止 »